palavasのブログ

長井滞在2日目の朝。宿泊先のはぎの湯 はぎ苑の朝食からスタート。ここの朝食のご飯は、地元長井産のこしひかりとつや姫が選べます。
27540669_1576903972385562_4574457879877207642_n

長井市は雪がちらほら舞っていましたが、山形新幹線赤湯駅にちかづくにつれて青い空がみえてきました。青空に舞う雪がきれいです。赤湯駅に、東京方面から日帰り参加の皆様をお迎えに行きます。忙しい飲食店勤務の皆様にも生産現場をみて、生産者と交流してもらいたい!という気持ちで企画したこの旅。朝8時代に東京駅から出発してもらえれば、日帰りでも宴会までフルに参加していただけるというスケジュールになっています。

皆の到着を待つ間、雪で遊ぶ人たちもいたりしながら。大雪の山形をみんな楽しんでいます。
27972571_1584509244958368_5862478572683258136_n


五蔵会会長の運転するマイクロバスで移動なので、寒いなかを歩くこともないので、かえって東京の降雪より暖かく安心です。

バスでまずむかったのは、長沼酒造さん。歴史ある酒蔵です。大きな杉玉がお出迎えです。こちらでも仕込みシーズン真っ最中で、そこかしこにいい匂いが漂います。
27752626_1580417298700896_473032528194055754_n
お酒をしぼるのは、こちらは船形。ずっとこれで長沼酒造さんの味をまもりつづけているので変えるつもりはないとのこと。窓の外は雪、雪雪!今年は酒造りのほかに雪下ろしという仕事も増えてしまって大変だそうです。今度は雪下ろしツアーでもしますか!
27459109_1576905089052117_5976180971684751119_n


仕込みの様子を丁寧に撮影した写真などもみせてもらいながら、伝統の重みを感じさせてくれます。こちらでは、そうむら(惣邑)という純米吟醸のブランドが有名です。こちらの限定酒、羽州誉精米歩合50%というのを試飲させてもらいました。米のうまみがこっくりしていてうまい!蔵で飲む酒は格別です。早速蔵出しをお買い上げ!この地域でしか手に入らない直江杉というすっきりうまい酒もおすすめです。東京の飲食店の皆さん、神奈川のホテルの方も興味津々で試飲です。
なんの料理が合うかなど、いろんなお話が出ていました。過去の長井旅のご縁で、もうすでに愛飲している方も多くて、蔵元杜氏さんと大盛り上がり。
27459981_1576904272385532_7564194462113459591_n
27460035_1576904372385522_7490846891272319044_n
27654775_1576904405718852_1582064748050226455_n27655381_1576904469052179_5390462811237867136_n


27656971_1576904872385472_8648020114711737397_n



次にむかったのは、自分の畑、知り合いの畑の材料のみをつかって食事を提供してくれる「なごみ庵」。郷土料理の数々がならびます。米もみそも自家製。ダイスのお汁やこんにゃくの天ぷらなど、はじめて食べるものがたくさん。でもなぜかなつかしい。。。しんなびたきゅうりのつけもの、菊芋もみぞづけも最高。新宿の名店の板さんがうなっていました。そして、ご当主ちえさんとのおしゃべりも最高。びっくりしたのはちえさんのお肌がつるつるなこと。いいもの食べてるとこうなるのね、というお手本でした。なごみ庵は普段はお酒がないのでご注意を。

27654479_1580417312034228_3090622561693454777_n
27657467_1576905252385434_6415077867650502501_n27459678_1576906662385293_8457048004535153121_n

おなかも一杯になったところで、雪道をまた移動(会長&バスくんが頑張ってくれます)。鈴木酒造さんへ。鈴木酒造さんは磐城壽で有名な酒蔵です。2011年東日本震災で福島県浪江町にあった酒蔵や仕込んだばかりの酒、家財一切を失う。酒造りの仲間の支援があって、事業をたたもうとしていた長井の酒蔵に出会い、ひきつぐ形で再スタート。震災から7年たった今は、設備をすこしづついれかえて、以前のような酒造りを目指してがんばっておられます。震災後から何度かお邪魔していたのですが、温度管理ができる設備もととのい、やりたいことがすこしづつ形になっている印象を受けました。ほんとうに大変な中の再スタートだったと思いますが、鈴木さんのがんばりが、避難者の心の支えであり、また、山形の地で酒造りを行っている仲間にもいい影響を与え合っているのではないかと感じます。現在では、お米の半量が福島県産のものにすることができるようになってきたとのこと(もちろんすべて安全性を確認済)。この話を聞いて福島の人間として涙がこぼれてきました。
発売前のみりんも試飲させてもらいました。1月中旬から発売開始だそうです。
このときは試飲はありませんでしたが、3月11日に、「甦る」という酒が発売になる予定です。
甦るは、福島のみんなを受け入れてくれた長井の地元の協力があって、田植えからはじまって酒になったという、みんなの想いがつまった酒です。3月11日には長井でお披露目パーティがあります。参加者募集中です。

27654810_1580417265367566_3684723711055477640_n

27857933_1576907529051873_3684703050749031658_n27540285_1576907332385226_6298503509969469087_n

27459555_1576907669051859_357232159622472526_n27540739_1576908932385066_5935647635248168084_n

タンクごとの違いを確認させていただいたり。お嬢ちゃんも真剣です。将来は重要顧客になることまちがいなしですね。

27544697_1576912279051398_4455255686873399542_n


その後、Sさんのたっての願いで、えんむすび神社、総宮神社へ。立派な杉の木は、「直江杉」です。雪に埋もれるように立つ御宮は荘厳!皆さん真剣におまいりしていました。
27857904_1576912905718002_8354558272041541117_n27545492_1576912682384691_3829573643823669570_n



27972593_1584509234958369_648839395142764886_n

お約束の雪ダイブも!ご利益がさらにありそうですね。おみぐじもひいて和んだあと
道の駅でお買い物&最上川をみたあとは、いよいよ、五蔵の蔵元杜氏さんが終結する五蔵会宴会へ
続きます。。。。

稀に見る大雪が続く山形県に、旅してきました。
震災で移住した友達を軸に、酒蔵、郷土料理、自然体験、農業、数え切れないほどの素晴らしい出会いがありました。これを自分だけに留めておくのはもったいない!
ということで、東京のお友達、鎌倉のお友達。福島のお友達。山形の友達。友達の友達。食と酒と自然に興味のある方々総勢22人に同行していただいて、
山形に行ってきました。
27331823_2181041942036182_260113623476108293_n
新幹線に乗ると、東京駅から2時間半で赤湯駅です。旅はここからスタート。山形ワインのイベントヴァンダジェで知り合った、酒井ワイナリーへ。明治時代から続く老舗ワイナリーは、自然の力を最大限引き出そうとしています。今後は樽や道具の材料も日本の木をつかって日本の個性を出したワイン造りをしたいと語っておられたのが印象できでした。ワインはどれも素晴らしいです。日本の赤ワインはねえ。。。と敬遠している方、飲んでみて!印象変わりますよ。

SAKAI-KURA
そこから、昼食。帯広の豚丼とラーメンの店。どんぐりやは赤湯駅前。冷えた体が温まります。フランス人シェフも一緒だったので、甘辛いタレに山椒をかけて食べる豚丼はどうかな?と思いましたが、見事におかわりもしてくれて。みんな大満足です。
BUTADON

DONGURI

午後からは、赤湯駅におきたま五蔵会 会長が自ら運転してくれるマイクロバスで、いよいよ酒蔵に訪問します。本当はフラワー長井線に乗って雪景色の中をのんびり行く予定だったのですが、連日の大雪で運休。そこで会長がバスを出してくれました。 
まずは五蔵会のプリンス、一番若手の蔵元杜氏さんが作る「中沖酒造店」へ。1920年代創業の蔵です。よそに比べればうちはまだまだ歴史が浅い方。。。なんておっしゃいますが。代々続いている風格ある蔵です。ちょうど洗米やお米を蒸して湯気が立っているところから見せていただきました。冬の蔵巡りの醍醐味は、こうして酒造りの現場が生々しく見られるところです。発酵を促すために温めたりしている様子は、愛おしくお酒を仕込む様子に愛が感じられました。さすが新婚さん!(あ、それは関係ないかW)

NAKAOKI
NAKAIKI12
MUSI
NAKAOKI KOUBO
KOUJIMURO
NAKAOKITANKU
NAKAOKISUISIN
27336970_1574308405978452_524206104019902741_n
27939060_2184997404973969_1150182988_n


バスを出していただいたので、ちょっと離れた場所にある、若乃井酒造さんにもお邪魔しました。こちらの酒母はリンゴのようないい香りがしていました。特別に。。。とタンクから出来立てのお酒を飲ませてもらったり。震災の時に地下水が出なくなっちゃった、ことから、もし今後そういうことがあっても酒造りを続けられるように。とか、普段は聞けないお話も聞かせていただきました。お楽しみの試飲タイムには、濁り酒と、ご当主が晩酌に愛飲している火入れしていない本醸造を、奥様(山形美人!)の手作りの玉こんにゃくや、お漬物と一緒にいただきました。これがめちゃくちゃ美味しい!! ご当主のご好意で販売をしてくれるそうなので興味のある方は急いでご連絡を。今回、私の中では若乃井さんにいけたことが大収穫でした。とても美味しい!食事が楽しみになる酒です。

27545341_1576896212386338_3630063567672163884_n
27540212_1576896312386328_5945179357017769210_n

27750456_1576896419052984_6445367567244303251_n

27540715_1576896502386309_2794224858879682070_n

27657579_1576896529052973_6179639540769385539_n


新しくできた長井の道の駅で雪灯り祭りを見て、福島と山形の高速道路が開通した記念のミニコンサートを見て、お買い物。長井の名産がいろいろ買えます。

27654616_1576939222382037_4498769089954531570_n
27654897_1576898872386072_809739335760376940_n


夕食は長井の割烹料理屋さん、山しん へ。地元のなめこおろし、川魚の刺身のほか、マグロのビーフシチューのようなもの、揚げなす、天ぷらなど、ちょっと濃いめの味付けの山形料理が並びます。酒が進む進む!会話も、山形の話から原発、移民問題と、幅広い内容で進みます。暖かい個室でゆっくりいただく夕食の時間はいい時間ですね。
27857776_1576939195715373_3707849116213477078_n
27657200_1576940479048578_789192747570929805_n
27657258_2181286415345068_6635311208075361136_n
27540229_2181286475345062_3552110480229634445_n
27460059_2181286598678383_8814795217992138643_n


夜は、温泉 「はぎ苑」へ宿泊。ここは、日帰り温泉施設の隣に新しく温泉宿ができたところです。新しいお宿でとても快適。お部屋はベッドですので高齢者にもいいかもしれません。朝食だけで泊まれるのも温泉宿としては魅力ですね。

実は間に長井名物、スナックでカラオケ〜も行ったのですが、こちらは省略。
長井の旅は明日も続きます。






2017年10月14日
仙台の1to2tというカフェのイベントスペースで行われた、リンゴマンズシアターに行ってきました。リンゴマンズのゆうじろうくんは、多彩なアーティスト。絵も描くし、22歳から始めたというギターはきくたびに上手になっていく素晴らしい演奏。なによりも彼の描く歌の世界が素晴らしい!人のこころをぎゅっとつかみます。先日の中川五郎さんのライブに近い気がします。リンゴマンズはいろんな才能の持ち主がかかわるアーティスト集団なので、ダンスあり、映像あり、参加ミュージシャンもその時々で変わります。今回は伊東和哉くんがワンマンツアーの合間を縫って参加でした。青葉通りに面したお店からは揺れる緑が見えてとても気持ちいー空間。自由に使えるスペースを受け止めた彼らはそこでできる精いっぱいの愛を表現しようとします。気に入ったお店でしかイベントを開催しない彼らは、来場者にもこのお店を愛してもらえるようにたくさんの工夫をします。お客さんへの愛も。かかわってくれたスタッフへの愛も、共演者に対しても。最近は自分のことばっかり、、。な人が多いから、こんなふうに愛されたことないから、愛の受け取り方を知らない人も増えているように思うのです。だから、これだけの愛を手わたされたとき、実ははじめは少し戸惑った人もいるんじゃないな…。なんでこんなに一生懸命自分たちにやってくれるの?って・・・でも、そこにいたらわかるはず。愛はとどけることで、ぐるぐるまわって、みんなをそして自分をハッピーにするのです。ハッピーゴーラッキー!

人のために、愛ある行動をする。このことは次の日、2017年10月16日、名古屋のイタリアンレストラン、オルモで開催されたディナーショウでも、同じことがいえるのです。ここのオーナーシェフも、人のために、愛ある料理と空間をつくるつづけている熱い男です。そのパートナーのマダムもわをかけてそう!その想いにこたえるべく行動するスタッフがまた素晴らしいです。どんな料理を欲しているのか?何が飲みたいのか?どんな時間を? お客様との対話をだいじにしているからワインリストはないそうです。オステリア オルモはそんな名店。食事に行って、すっかり意気投合したオーナーシェフと伊東和哉くん、ワンマンツアーの中にオルモでもディナーショウが組み込まれました。前菜からデザートまでのディナーコースと、音楽と、ワインは、共演ではなくまさに競演!いずれにも、負けないぜ!という気合が見えました。
伊東君のライブは、彼を応援したいという皆さんの愛によってできあがっていました。彼の絵を描いてくれた、エグゼクティブ コーチの新堀さん、鎌倉のフォトグラファー池田さん、そして親友ゆうじろうくんの絵も飾られて、お客様をおむかえします。レストランのライブは、普段ライブハウスにはちょっと行きにくいな、とおもっているような方もたくさんお見えになります。年齢もお仕事も幅広い方が集まります。皆さん、手拍子したり、歌ったり、涙したり、とても楽しそうでした。熱帯夜はやらないの?と言ってくれた某経営者さん。Tシャツに 熱帯夜サインしてもらっていました。つらいことや苦しいこといろいろあるけれど、必ず乗り越えられるから!とメッセージを送ってくれた伊東君。まだCD化されていない曲を気に入ってくれたお客様がたくさんいらっしゃいました。円周率や、ライ(嘘)や深海など録音してください、とリクエスト届いていますよ~! 今回のライブで大きく変化していた伊東君が見られました。同じくギターを持って歌う、あの方のライブから、大きな刺激と影響をもらったのですね。今後がますます楽しみです。

音楽は、互いの時間を共有します。人のことを思いやる気持ち、愛する気持ちが自然に生まれるのかもしれないですね。
次回のリンゴマンズのライブ(たまにしかないので要チェック!) 伊東和哉君のライブ(こちらは全国ツアーの真っただ中です)、あなたも参加しませんか?愛に包まれた時間を一緒にすこしましょう!

22406165_1464837476925546_5701631301062671915_n
青葉通りに面した1to2 カフェの3階イベントスペースにて。

22405592_1464845210258106_3130355557512129419_n
素敵な絵もかざられ、昼間はギャラリーになっていました。


22405864_1464841056925188_3171240123317492574_n
リンゴマンズはダンサーや映像アーティストもいるアーティスト集団です。映像がダンサーに写り込むように計算されている!見事でした。



22406315_1464841216925172_740999077797200966_n
ゆうじろうくん、客席からもらったお題で即興で1曲作ります。すごい!


22449636_1466427970099830_1421422380851481737_n
自然派ワインとともに飾られた、愛ある絵。こののち、きちんとディスプレイされたのですが画像なし、、、準備段階のものですみません。


22519091_1466428053433155_7435836078561998399_n

オーナーシェフ。笑顔の裏側に秘めた熱い魂の叫び!素晴らしいワインがずらり。このほかにも白が冷えてます。


22309084_1466428046766489_2104800505617509198_n

鎌倉で伊東くんCDジャケット撮影したときのオフショット。次回鎌倉のライブで、もっと公開される予定です!

22449781_1466444723431488_5030750374726951734_n
オルモのスタッフのみなさんと。ほんとうにありがとう!


22449709_1466436513432309_1346522370847892333_n
食事後に、テーブルと椅子を移動して始まるライブ。心もおなかも満たされました!




22491748_1467359446673349_7267646075209250809_n

スマイルふくろうプロジェクト、今年もたくさんの方にご協力いただきましてありがとうございました。浪江町からの避難者の皆さんから寄せられたふくろうが、多くの方の元へ飛び立って行きました。
それぞれのところに福を運んでくれたと思います。

4月には熊本で大きな地震がありました。ふくろうの売り上げを、辛い時はお互い様、と、浪江町の皆さんから寄付を受けました。自分も大変なのに、、、あたたかさのつながりに 感動しました。

さて、来年は酉年!
ふくろうさんを、お正月お飾りにしてくれた方がいます。福を呼び込むふくろう。こうして、また、いろいろなところに旅に出てくれるのは本当に嬉しいです。

15731290_1272261096151193_921075882_n





































仮設住宅から復興住宅へ移られる方がすこしずつ出てきました。せっかく新しくできたコミュニティが、またなくなって一から。。。になるのは辛いですが、しっかりした「家」に6年経ってやっと移れることが嬉しいと言っておられました。

生活の再建は、これからです。皆さんの温かい気持ちが必要なのはこれからも変わりません。
 どうぞ引き続きよろしくお願いします。

日曜日は、聖心インターナショナルスクールで開催された、チャリティイベントにいってきました。井上先生にお声掛けいただいたのです!
IMG_0130







立命館の先生が震災直後から石巻にむかわれて、教え子さんらと、絵本の読み聞かせや、和太鼓、民族楽器、ハープ、ハンドベル、コーラスなどの音楽を、こともからお年寄りまで届けていらっしゃいます。今年は熊本も加わり、支援のあまり届いていない村のサポートをしています。当初から、絶対10年は続けようと決めてやっている、とおっしゃってました。私も、もう6年なのにまだやってるの?といわれることなどもあって、その度に凹むのですが…いろいろあってもまだまだ支援が必要なことはたくさんあります。だから続けていかなくてはと思います。
キャンドルジュンさんのlove for Nipponも、手弁当でずっと続けていること、玲子さんと、和哉くんから聞いて知りました。

私の、活動は、みなさんに比べたらちまちました活動だけど、こんな私を信じて一緒にやって下さる方がいるので、続けられるとこまで、続けようと思ったのでした。

さて、ピクチャーブックヒーリング
で、花さき山、をやりました。
すっかり忘れていたけれど、切り絵が印象的だったこの絵本。
とても、東北気質を表してる物語だったのですね。

ひとつぐっとこらえていいことをすると花が咲く。
いのちをかけて、誰かのために尽くすと、山になる。八郎潟のように、、、
じぶんのことより、ひとのこと。
伊東くんの、うたの歌詞のようです。

この。花さき山。梨花先生がみごとな東北弁で朗読されてました。井上先生の花さき山の、解説朗読もよかった、本質が伝わりました。

石巻や女川の映像がながれ泣いてしまったあとは、いわきからのゲスト。なーんと、サンバチーム!20人をこえるパーカッションに、本場顔まけの衣装で踊る踊り子さんたち!
会場のリオに変えていったのでした。さすが、芸事にたけているいわきのみなさん!
いろいろあるけど、踊って笑って楽しくいこうと、明るい閉会となったのでした。素晴らしい!

このページのトップヘ