palavasのブログ

7月13日日曜日、長井市伊佐沢にあるコミュニティセンターで、
Summer Of Love 2014 in Nagai が開催されました。
いつも福幸ファーム(福島から避難した人たちが作る農場)の
野菜を使って鎌倉で料理を出しているシェフらが、生産地で料理を振る舞うという
イベントでした。
福幸ファームは家庭の生ゴミを堆肥にして野菜を作り、
野菜などの調理で出たゴミをまた堆肥化する、大地は命のみなもとという考えで

循環型農法を推進する、長井市のレインボープランが母体です。

窓の向こうに緑の田んぼが広がる伊佐沢の公民館が会場です。
木のにおいがすがすがしい会場にはすばらしいキッチンがありました。
ここで、長谷「ボータン」のシェフ兼ソムリエ五十嵐さんと、
小町「コマチーナ」のオーナーシェフ亀井さんが、それぞれ得意の腕を振るいました。

五十嵐シェフのメニューはキタアカリのマッシュポテト
置賜豚のソテー山形名物だしのソース
バニラアイスクリーム バジルチェロ掛け


亀井シェフのメニューは
ズッキーニのオイル煮 ミント風味
カルボナーラにしねの玉子を使って
カポナータ 

どれも長井の食材をふんだんに使い、そのよさを生かしています。
こんなになめらかなマッシュポテトは初めて食べた!
コリンキーは漬物にしかしたことなかったけど火を通すとおいしいのですね!
など驚嘆の声があがりました。心配していたのだけど、地元のおじちゃん

おばちゃんたちも、見慣れない料理に興味しんしん!鎌倉行きたいわ―
次の慰安旅行は鎌倉にしようよ、と盛り上がり。ぜひいらしていただきたいです!

ワインは地元の酒井ワイナリーのませこぜと、
キンケイワインのスパークリングを用意しました。
地元のワインは甘いってきいてたからのんだことなかったよ、
というおばちゃま。肉にあうね~おいしいね~と何杯も

おかわりされていました。
地元のワインの良さを伝えられたことも、よかったなと思います。


長井でパン作りをしている方の蜂蜜酵母を起こしてつくったエピと、
バジル酵母ドライトマト入りのバンは絶品でした!
バジルチェロをおいしいとほめてくださった若いお母さん。
バジルペーストはよくつくるけれど、
お酒にするっていうアイデアはなかったな~おいしい~!と目を輝かせてくれました。
地方だからって、ハイカラなものを全然食べていないのではなくて、
地方の方のほうがよっぽど、すぐに買いに行けない分勉強熱心で、
おしゃれな生活をしていて、レベル高いのです。改めて感心しました。


料理でおなか一杯になったらお楽しみタイム。

鎌倉から駆けつけてくれたピアニスト、すみれさんの演奏です。
きらきらぼしのテーマ
ノクターン
と続き会場がうっとりしたところにテツのギターがくわわり、
オール・オブ・ミー。
みなさんもよく知るこの曲に、年配の方が英語で口ずさむ光景もみられました。

最後はこの日のために組まれたスペシャルユニット。
ボータンシェフ五十嵐和弘がメインボーカルをとります。
(山形出身の五十嵐さんは山形のライブハウスを満杯にする、
名の知れたバントマンだったそうです。)
サブボーカルに福幸ファームの村田さんもくわわり、4人で演奏したのは、
カンザスシティバンドの「新しい町」

歌詞カードを配って、みんなで一緒に歌ってもらいました。
藤沢スタイルです!楽しかったね。
みんなの歌の様子はのちほど

youtubeにアップします。


長井の人も福島の人も鎌倉の人もみんなで作り上げたイベントでした。

ピアノの演奏のあと、ピアノ弾きたい人!といったら
子どもたちがたくさんあつまってきました。
どの子もみんな楽しそうだったな~。

福島の原発事故がなかったら、ピアノのをならったり、
お父さんとお風呂にはいったり、(母子避難の方がほとんど)
普通にのびのびとくらしていたのに、それが断ち切られてしまったこと、私たちは忘れてはいけません。
事故がおきたらもう戻れなくなるのです。

原発、本当に必要ですか?なくてもこうしてみな生活できていますよね。

産業だって、大丈夫ですよね。

未来の作り方を皆で一緒に体感できた、そんな会になったと思います。
お手伝いいただいた多くの皆様、ほんとうにありがとうございました。
またお会いしましょう!



ryouri
igarashi
piano
makopan
ensou
kamei
kaijou
igarasiwatanabe

9日のHOBO CONNECTION、ほんとに行ってよかった。ゆうこ先生、お声掛けてくれてありがとう。すごかった。
これまで何度も聴いてきた満月の夕、昨夜は特別なものでした。チャボさんとこの曲を相馬で演った映像は何度もみて、その度いいなあと思ってたけど、現実はもっとすごかった。梅津さんのサックスが響いた瞬間、がまんしてた涙があふれてきてしまいました。
もう会えなくなってしまった人のことが次々と思いだされては消え、私のルーツ福島の人々の顔が浮かび、そして音楽を通じて出会った九州から北海道まで様々な人のことが頭をぐるぐるまわりました。
ライブ開場でこんなに泣いたのは初めて。でも、だんだん、洋さんの声が身体の中に鳴り響いてきて、チャボさんのギターが私の顔を上げてくれました。人は出会いと別れを何度もくりかえしながら、それでも生きていくのです。
ライブ後に中華屋で、ゆうこ先生が「仕事なんかしてる場合じゃないよ」って言ってた。もうどうにもならないんじゃないかと、うつむいていた私たちの顔を上げてくれたライブだった。本当にいい企画でした。
こういう機会がないと、七尾旅人さんを聴く機会はなかったです。音楽はやっぱり、知らない世界につれていってくれるのね。
リクオさん、ほんとーにありがとう!

音楽家は年齢を重ねるごとにどんどん上手くなって、スポーツ選手だとそうはいかないけれど、音楽はずっと続けていくと、良くなっていったりします。
ディランを一昨年見た時に、すごくそう思ったのです。そのまえは大学生のときに武道館の時以来だったのだけど、とってもカッコよくなってたよ!
聴く側も年月を経て耳も少しは肥えて、いろんな聴き方ができるようになるということもあるのかな。わからなかったことがわかるようになります。だから音楽は面白いです。

もう若くないからライブに行かないなんていうのはもったいないかなあと思います。でも、若い時のように行く機会を失ってしまうことも確かなんだよね。。。。この人のライブは毎回みたいなあと思うミュージシャンと、行く仲間と、できたら近くで見れたら最高です。そんな、40代のための音楽熱再燃のきっかけを、夏に鎌倉で、作ろうと思ってます。楽しみにしててね!

2012.10.13 コマチーナ&ブルールームの2店舗を使ったパーティ。初の試みでしたがたくさんの方にお集りいただきました。ほんとうにありがとうございます。
当日、なかなか自分で記録の写真を撮れなくて...
皆さんからいただいたお写真を紹介します!この場を借りて御礼申し上げます。

saru
今回は大下詠子さんの個展と連動した開催でした。さるの絵がパーティ会場に出張してきてくれました。
speedbaalls1
トップバッターはおなじみ ザ スピードボールズ

rabasanze

そして今回ぜひお呼びしたかった騾馬三世!迫力ある演奏はすばらしかった!またやってほしいです。

kotaro

最後はピッツアを焼き終えて登場した伊藤耕太郎&His Band

mail
じゅんこさんのキャンドルもともって会場がいい雰囲気に(サイズが小さい画像しかなく、、、)
pampkin

10月開催らしく、大下画伯からパンプキンのプレゼント。
じゃんけん大会で美女お二人が獲得!天は二物をあたえます。
そこのお兄さん、真剣だね!イイネ!

お料理の写真がほとんどないのはそれだけみんなが美味しく食べるのに夢中だったってことですね。

ぜひ、また食べにいってね。
コマチーナも、ブルールームも!はしごも!!

次回は、真空管アンプで音楽を聴き比べてみようという会を計画中です。
ブルールームはとても音がよいので、こちらで音楽企画をやってみたいなあ...

1920年代の音の再現、興味あるでしょ?
すごいですよ。唄ってる人の表情が見えます。

楽しみにしててね。開催時期等規模あればお知らせくださいませ。





10/13のパーティの写真をお持ちの方、よかったらいただけないでしょうか?
記録をのこしておきたいとおもってます。どうぞ、
よろしくおねがいします!

pampkin

土曜日は、ブルーナイトカマクラにおこしいただきまして、誠にありがとうございました。

皆さんお集まりいただけるかしら?と、当日までドキドキしていましたが、ふたをあけてみれば、
60人を超える皆様で大盛況!

コマチーナのお料理はあっという間になくなった~と思うと
シェフがあとからあとから、沢山美味しいものをだしてくれました。

じゃがいものマンテカート、
たことジャガイモ
ブロッコリーのぺペロンチーノ で使われたじゃがいもと、ブロッコリーは、
福島から山形に避難されて農業をしていらっしゃる、福幸(ふっこうファーム)の皆さんの野菜です。
コマチーナでしばらくメニューにあると思うので、気に入ったらまた食べに行ってね!
福幸ファームの様子はこちらです。
https://www.facebook.com/globalbizadviser?v=wall#!/Nporainbowsfarm

お野菜を作ってくださった方の思いも掲載しました。
http://hopi-09.cocolog-nifty.com/blog/


この夏にオープンしたブルールームのピザは大評判でしたね!通常メニューにないトレヴィスのピッッア、そして、秋からはじまった新作のきのこのピッツアが特に評判がよかったようです。
沼津のベアードビールは、いつもありますし、そのほかにもおいしいクラフドビールはいつでも1杯500円です。

食べ物を食べるということ、丁寧につくられたお酒を飲むことも、命をつないでいくということです。
この国では命が軽んじられる場面も少なくないようです。
でも、こうして会って、話せること、そして遠くの人に思いを寄せることができるのも
皆の命がつながっているからですね。


特に若い方がたくさん集まってくださったので、世代を超えて楽しい会になりました。
若い皆さんのパワーがこれからとても必要です!
また、やりましょう!お会いできるのを楽しみにしています!



このページのトップヘ