palavasのブログ

2007年02月

3d27dd78.jpg
これ、どこ(の)シリーズ。このマカロンはどこのでしょう?
私はいまいちばん好きなお菓子です。お菓子も、ワインも、旅しないのね。近いでつくられたものがいちばんかも。
ホワイトデーにはかなりおすすめです。季節限定ほんのり香るゆずチョコレートもおすすめですよ。

TAPAsづくりのクッキングブックを購入し(英語版)とっても簡単でたのしいので、最近はもっぱらコレ。
組合わせの妙が楽しめるところがよいですね。
TAPAS用のお皿、グリーンとオレンジが4枚ずつと、スティック長短に本がセットになっていて5.99ドルでした。
こちらは、ヒヨコマメとパプリカの炒めたものをパンにのせたものと、シブレット入りのスクランブルエッグ。
28d33511.jpg

こちらは、蛍いかのトマトシソ炒め(バジルがなかったので。。。)
8d09758d.jpg


どちらもワインがすすみます。本物のタパスはどんなんなのかな=。
I井さん、こんどぜひ食べに来て改良点を教えて!

スクランブルエッグは、QUICK&EASYという料理本に出てたもの。
すばらしいゴージャスな写真付きの重い本です。
料理下手な人向けの簡単料理ではなくて
アフターワークにささっとできる人寄せ料理、というようなコンセプトの料理本。
こういうのってあまり日本では見ないような気がする。
簡単料理というと、育児家事に忙しい主婦向けの家庭料理本が多い感じかするのです。

この本は、忙しいあなたは卵を完璧にかき回さなくとも黄身がこわれるくらいでよろしい。あとは生クリームを入れたときに混ぜ混ぜしましょう、というような解説があっておもしろいです。
ただ、内容的にはおいしいものを食べたことがあるけど料理の基礎はしらないアメリカ人向けかな。ホタテ貝は買って来たらすぐ調理するか、冷蔵庫にいれましょう。というようなシェフのヒトコトもついてました。笑顔

旅に出るとその国の料理本を買います。フランスの料理雑誌は、今週のレシピ前菜・主菜それぞれにあうワイン、葡萄品種、提供温度が記載されていました。毎回必ずデザート(簡単でおいしい!)もついているところがフランスだなあ、と感心しました。

ede4cf32.jpg

久しぶりにインペリアルホテルに泊まったのは先週金曜のこと・・・。
また風邪ひいて発熱しダウンしてました。最近からだが弱いなあ。年かな。落ち込み更新滞っていてすみません。
以前インペにあったプルニエという魚料理のレストラン。料理
改装でなくなってしまったのですが、昭和9年当時からのメニューを復活させる、というイベントがあり、言ってまいりました。
前菜は、スモークサーモン魚を目の前で切り分けてくれます。ワインは教科書どうりのサンセール。まちがいなくおいしい、至福の組み合わせ。その次は、コンソメースープクネル入りをこちらもテーブルで注いでくれます。村上信夫さんの顔が浮かんで胸が熱くなりました。一度だけF森さんの会でお話させていただけて感無量でした。
いよいよ、メインのさかな料理。私はカンパチのグリエ。茸のクリームソース(Hるみさん風!)相方はスズキのムニエル。こってりバターの風味。
これがめちゃうま!
私、正直にいうと、外で食べるお魚料理ってあまりおいしいと思ったことがありません。(ウチの地元魚料理はホント自慢です、よかったら食べに来て!)でも、今回のプルニエフェアはほんとに大ヒット!あつあつのお魚がふんわりソースにつつまれて登場します。
その後、シャリアピンステーキを追加で頼み、ワインもごくごく飲んで、二人で2万円ちょっとでした。(宿泊者割引が20%)。大満足。ハートそのうえ、部屋をスイートにグレードアップしていただいちゃいました。
インペリアルホテルに通い始めてもう13年。いろいろありましたが、素晴らしい空調とあたたかいサービスで迎えてくれるのは、やはりホテルは、ハコではなく人がつくるもの、という一言につきるでしょう。
長い歴史のなかで人から人へ受け継がれているもの。。。そういったものが、人にやすらぎを与えるのだと感じた日でした。
インペB1レストランで行われているプルニエフェアは2/28まで。まもなく終了ですのでご興味のある方はお急ぎください!走る

1900de80.jpg

連休は皆様いかがお過ごしでしたか?
私は音楽三昧な日々でした。金曜(正確には連休前ですね)には
チョコレートをたくさん買って当てたヴァレンタインライブに行ってまいりました。
渋谷AXはなかなかいいハコですね。ZEPPより好きかな。私と相性がいいのかもしれませんが。ちょっと懐かしい曲もありでライブは非常に楽しめました。一緒に行くメンバーがまた濃いファンで!これでさらに盛り上がります。しかし、ヴァレンタインライブなのに「横顔」はどうよ?って思いましたが、深読みすると、アリなのかも・・・。もてるオトコはつらいって?

日曜は、鎌倉ジャズフェスへ。藤沢スイングジャズソサエティの演奏目当てで鎌倉芸術館へ行ってきました。
お客さんは圧倒的に地元のご年配の方々。ジャズ好きな人もいると思いますが、大半はそんなに詳しい方ではない・・・とお見受けしました。
ビッグバンドはいいですね~!キメがぴたっとあったりすると、鳥肌モンでカッコイイです。このバンドは演奏はもちろんのこと、あわせてよかったのは、曲の説明や、聴きどころ、楽器の話などをしてくれるところ。素人のお客さんが多かったため気遣ってくれたのでしょうが、そのおかげで、私の席近くの皆さんは、とても盛り上がっていました。音楽が、上手にできる人たちだけのもの、ではなくて、自分達も一緒に混ぜてもらってるという感覚が、その説明のおかげで生まれたからだと思います。
たとえリズムの取り方がずれてても、手拍子が逆でも、一緒に生演奏に酔い、楽しめた感覚・・・これは観客の心に思い出を刻んだのではないでしょうか?
客側に向いている、演奏が皆の心を打った、ということでしょうね。
そういえば、ザ・スピードボールズのボーカルの人も、曲の説明してましたね(難解な曲だったからかな)。
帰りに○あやあでビールを、と思ったのですが夜になると急に冷えて断念。大船の夜はにぎわっていました。

月曜日はピアノレッスンの日。これを音楽のカテゴリーに加えていいものか・・・。
相変わらずなかなか上達しない私ですが、いい音が出てないときには、何か問題が起きている、という先生の言葉。指のへんなところで弾いていたり、ちがった指の形だったりきちんと次のことを考えた弾き方をしていなかったり。。。ということだそう。闇雲に何度も練習すれば弾けるようになるものではないのですね。
目標とする音を描いて、それに到達するにはどうしたらいいかを考えてキーを叩く・・・。なるほど!と合点がいきます。
こういうことはプロに教えてもらうべきことですね!
ニューオーリンズで聴こえてくるようなピアノを弾けるようになるにはまだまだまだまだ道は遠そうですが、無駄のないレッスンは、私に希望を与えてくれます。
音楽バンザイ!音符

56737beb.jpg

今朝は久しぶりに車で会社にきました。すると、逗子側から真っ赤な朝日が!きれいなので思わずシャッター押しましたが携帯では限界がありますね。。。
早起きはつらいですが、こんな景色が見られるなら○ですね。

6c77ac95.jpg

今が旬のホウボウちゃん。写真は焼かれる前の図です。くちもとが平べったいので
ちょっとむっとしたオヤジみたいな顔ですが、つぶらなひとみはとてもキュート!写真では分かりにくいですが、ひれは羽のようで、とてもきれいな青色をしています。
ちなみにこれは腰越で上がったものでやや小ぶりです。
この後、オーブンで焼くこと20分。非常に美味でした。ありがとう。ラブ

MUMMのクーラーが写っていますが一緒にいただいたのはビオのブルゴーニュの白。その前に一本ブショネ有り。今年は多いぞ!どうしてなんでしょう?コルクの生産量が減っていることと関係あるという話しも聞いたのですが本当でしょうか?

私の愛車ルポぽんをとめている、駐車場があります。その隣のお宅が夜のうちに火事になったようです!愛車も灰をかぶっておりました。びっくり!全焼ではないのですがもう住める状態ではないようです。乾燥が続いていますから、みなさん火事にはお気をつけ下さいね。

我が家も時差ぼけの夜、火災報知器が鳴る事件を起したことがあります。アブナ!
このときは、心から入っててよかった、○コム!と思いました!(○コムさんはカギを無くしたときも来てくれたし、とても助かる心強い存在です。共稼ぎの家庭にもおすすめです)

みなさんにご心配いただいた体調も少しずつ戻って参りました。
昨日は予約がとりにくい渋谷のトラットリアを、Hるみさんが何度も電話して予約してくださってにっこりいくことができました。おいしくいただきましたハート
このお店、女性客がほとんどです!夜遅くなっても客がひかず、すごい人気!
がやがやしてて、明るい内装、本場っぽいメニューのスタイルなど、雰囲気が海外旅行に行ったみたいでした!こういう店って、東京の店だなーと思いましたグラス
鎌倉地区のお店には無い感じ。サービスの仕方も全然違うのね、と普段神奈川の田舎暮らしの私には衝撃でした。イチバンの違いは・・・・・・ホールの人の“しゃべる”のが早いことウインク

春間近。鎌倉の魚も野菜もおいしくなる時期ですね!
KSS会でもいかがでしょう?(私は賛助会員だけど・・)
ゆっくりおいしいワインでも傾けたいですね。花粉が本格化する前に!

このページのトップヘ