palavasのブログ

2007年04月

bcb67a2a.jpg

GW みなさんいかがお過ごしですか?鎌倉地区は人、人、人・・・。
銭洗弁天では、人々の欲望がすごくて具合悪くなりそうでした困った
そんな鎌倉地区を抜けて、葉山にいってきました。昭和の日とあって、しおさい公園は無料で入れました。葉山はあたたかくてのんびり。朝早くでかけるのがおすすめです。写真は美術館のレストラン。こちら、席数が少ないのでお早めにどうぞ。
近くにはおいしいお蕎麦のお店もあります。

6efe13d2.jpg

鎌倉に新しいイタリアンがお目見えしました。
イタリア家庭料理 と掲げるだけあって、親しみやすい雰囲気のお店。
小町通が見下ろせます。
毎日でもたべられるような、一工夫入ったあたたかみのある味です。
特に野菜の料理がおいしい!

17184bbb.jpg

これはカジキマグロのエスカルゴ風バター風味。
トマトの酸味もきいていて、すべてのお味が混ざり合って
いいハーモニーです。

鎌倉小町通を入ってすぐ。2階なのですこしわかりにくいかも。
エントラータ 0467-61-2199
ラストオーダーが8時。早いので気をつけて。

鎌倉に、リッチョーネ、ナディア、と並んでまた楽しみなレストランが増えました。
お店がたくさんあるほうが、イタリアンモードが高まって、
相乗効果で盛り上がります!ラブ

7ab4f044.jpg
ワインはすきです。日常ではワインしか飲みません(除:四季桜.歓の泉)
で、何が一番好きなのだろうと自分に問うてみました。ボルドーサンジュリアンものも好きだし、妖精のはいったピノは危険を犯してでもと思うほど魅力的!アメリカメルロもやっぱ好き。…でも、一番いつでも飲みたいのはボルドーの白。セミヨンも入ってふくよかな印象のあるタイプが一番好き。同じソービニォンブランでもロワールよりボルドーだな~。
これはきっと、私を変えた運命の出会い体験によるものでしょう。94年の秋、フランスボルドーではじめて摘みたてのブドウをたべさせてもらったのが、ブランドランシュバージュになるソービニォンブランでした。小粒なのに、その甘いことったら!!
ボルドー白は京料理などにも合います。ゆっくりおいしい和食とおいしいワインをいただきたいもんですねぇ~。
写真はエールダルジャン。説明不要の美味しさ(^_^;)

f6f3ad00.jpg

仕事柄、「リーダーシップとは?」「よきリーダーの条件とは?」
そんなことを良く考えます。
最近注目しているのが、「サーバント・リーダーシップ」という考え方。日本語にすると奉仕者的リーダーというのかな。これまでの上司が権力で部下を押さえつけるようなやり方では部下も伸びないし、生産性もあがらない。ひいては上司自身の評価も上がらない。
そこで、部下の気持ちに寄り添い、持ち上げ、声を聞き、共感していることを態度で示してあげる。こうすることでポジティブな結果が導き出される、という考え方です。
明白なビジョンをあたえること、スキルを開発できる機会を与えること。
これによって、リーダーが、動かしたい方向に説得できる、強いチームがつくれるのです。一件逆のようですが、実は上司の思う方向にもっていけるのだそう。

これまでのように、怒鳴れば動く、というような部下ばかりではありません。時代は変わっていますし部下も多様化しています。
この考え方、ぜひ注目してみたいです。そうすればパワーハラスメントのようなこともおきにくくなるでしょう。

写真は、様々な味が一つの箱に入ったメントス。(多分輸入もの)
いろんな味がごちゃまぜにはいってる。そういうチームがいいですね。

このページのトップヘ