palavasのブログ

2008年01月

内緒にしておこうとおもったけど、もう、書いちゃお!笑顔
beau temps ボタン さん(鎌倉 長谷のワインバー)の、アルザス名物のタルトフランベは絶品です。
すごく、フランスっぽい!
うすい、ピッツアみたいな生地(ピッツアもっとさくさくして、粉の味がある感じです)あまみのある玉ねぎとベーコンの取りあわせ。なんとベーコンは手作りなんだそうです!
以前、ノルマンディーの名物料理で、玉ねぎのクリームキッシュ(卵の白味だけなので卵焼きみたいにはならないタイプ)をよく作っておりました。
ノルマンディー在住の方から習ったのです。こちらは、玉ねぎだけなのに、肉ぽいかんじのあるボリュームのある感じでした。(寒風に耐えられるようにこってりしてる?)
雰囲気はそれに似てるんですけど、生地のさくさく感がタルトフランベのほうがあり、軽くてあたたかく、いくらでも食べれそうな、洗練された味わいでした。
アルザスのワイン(自然派が勢揃いしています)と一緒にぜひ、召し上がってください。
一気にフランスに旅に出られる味わいです。
(ボタンさん、横にリンクがあります!)

このブログに、よく食べ物のことやレストランのことをUPしてますが、
私の趣味は食べ歩きではありません。
食べることは好きだけど、趣味ではありません。
食事は日常でかかせないことなので、少しでも楽しく有意義にできたらいいな。
それを誰かと共有できたらいいな、とは、いつも思います。
では、趣味は何ですか、ときかれたら。。
いまは「ハワイ」かな。ハワイ旅行、とか、ハワイアンミュージック、とか
ではなくて、ハワイ全般(笑)
ハワイに行くことだけじゃなくて、ハワイを感じることや、ハワイの良さを他人に伝えたり、、、そんなこと。
もう一つの趣味は結婚式のお手伝いをすること。
その方のために何ができるかを考えること。
この2つは、趣味だから、仕事にしたら?、とかハワイに住めば?、とか
言われるのですが、私にはそれは考えられません。
だって、私の頭の切り替えられる拠り所がなくなっちゃうからね。笑顔

食事よりも、お酒は趣味かもしれない、とちょっと思います。
仕事がつらくっても、ワインとか、おいしい焼酎とかを考えると
わくわくするのです。

焼酎といえば、オーダーしてた「右京」が我が家に
届きました。おいしく飲んで、ちょっといいことした気分!
http://www.yumenokakehashi.net/

もうすぐ、JAZZ FESTなんですね。
アル・グリーンの
ステージとか、みたいなあ。

http://www.nojazzfest.com/

もうだいぶ、復興はすすんでいるんだろうか。。。厳しいかな。

ホンモノのジャズフェスにはいけないけど、
雰囲気を味わいたいというアナタ!
3/9の藤沢イベントにぜひどうぞ。

くわしくはココに。
http://superspeedballs.blog.drecom.jp/

ガレット デ ロワってごそんじですか?
フランスで、1月に食べるお菓子で、(キリスト教と関連しているようです)
さくさくのパイにアーモンドのフィリングがつまっています。
そして、イチバンのお楽しみは、中に、フェーブ とよばれる陶器のお人形が入っていること。これをあてた人は、その日、王様になれいます。その一年いいことがあるとも言われます。あたったら、次の年はその人がガレット デ ロワをふるまうとか、ワインをおごる、なんていう人もいます。
今年は、私が見事当てました!!じゃ~ん!と写真を載せたかったのだけど
忘れてきてしまった。。。
まんまるが、ガレットデロワだとおもっていましたが、
最近では真四角のもあるのね。

メゾンカイザーのフェーブは、プレッツエルのようなパンの形をしていました。
フェーブもお店によって違うそうです。
集めてみたいですね。

先週末、東京のとあるお宅におよばれして、おいしいごちそうと、ワインをたくさんいただきました。
いつも、おいしいお料理も楽しみなのだけど、食卓のプレゼンテーションがすばらしくて、参考にさせていただいています。
そして、(こちらは真似できないのだけど)すばらしい器の数々!窯元まででかけ購入されるんだとか。特に、和食器に洋風のお料理を盛り付けるところがステキ!唐津焼のダイナミックなお皿に、カプレーゼ、なんて、なかなか、思いつかないでしょ?でも実は釉薬の息吹と赤・白・緑が折り重なると、それは自然界の風景のよう。自然のめぐみとご馳走に感謝、という気持ちになるのです。
ワインはどれもほんとにおいしかったのだけど、特に98年のシルバーオークは思い出の土地に運んでくれるワインでとてもとてもおいしかったです。まだまだいきいきしてるワインでした。ごちそうさまでした!

ひさびさのおでんデー。このごろ、長谷の「ボタン」でおいしいフレンチがいただだけるので(パリにいるみたい!)料理欲が全くなくなっておりました。笑顔
旅行から帰って、もう一度あれが食べたい、と思うと、せっせと資料を集めて料理をするのですが、食べられる店をみつけると、自分でやる気なくなる。。という私は料理好きではなく、たたの食いしん坊、なんでしょうね。

お、でん♪おでん!とさわぐ人がいて、おいしいおでん屋は近所にないので作ることにしました。おでん
で、ただ、いつものように作るだけではつまらないのでふとおもいたち、がんもどきを作ってみることに。阿川佐和子さんのクッキングブックにひろうすの作り方が載っていたのを思い出したのです。拍手
手間はかかりますが、これがおいしい!私、黒い食べ物がすきじゃないのできくらげはぱす。そのかわりに、栃木やさんのまねをして、しょうがを歯ごたえが残る感じでいれてみました。
あつあつでたべてもとても美味。しばらくはまりそうです。
しかし。だいぶ時間がかかったのに食べるとあっというま。。。。今度は自然派ワインとあわせたいです。
すり鉢じゃなくて、フードプロセッサーでも作れるのかしら?誰かやったことのある方がいらしたら、加減を伝授してください!

寒いですが皆さんお元気ですか?
私は寒くて胃がいたいです。どうも、寒くなるとカラダ全体の機能が止まるみたい。昔、中学生の頃、ラジオマガジン(懐かしいと思ったあなたは同世代!)という雑誌で、自分の顔タイプを占うコーナーがあり、私は思い切りトロピカル系でした。ちなみに私の両親とも東北の出で、南国とは接点がありません。
ふーん、と思っていましたが、今では心身ともに南国系!な人になっています。寒いのはダメ。雪
そんなことをご連絡するのではなくて。
大下詠子さんのブログがついに始まりました。絵にまつわるエピソードなんかもこれからきける(読める)はず??
リンクに加えましたのでみなさんぜひ訪問してくださいね。
大下画伯とはかれこれ15年くらいのおつきあいになるでしょうか。
大下さんの絵は、鎌倉地区であれば、お花やさんのプリマヴェーラ、リッチョーネのピアノのある部屋、そしてボタンで見られます。
東京では、いまギャラリーで展示中だそうです。

3/9のリトル・イタリー in 藤沢 でも
新作がみられます。(きっと)。楽しみですね~。

このページのトップヘ