palavasのブログ

タグ:長井

yomigaeru_img01
東日本大震災で津波の被害にあい、仕込んだばかりのお酒だけでなく、江戸時代から続く酒蔵も住居もすべて流されてしまった鈴木酒造店。
その後原発事で長きにわたる避難生活を余儀なくされました。もう、酒造りをやめようと思っていたところに、山形県長井市に、酒蔵の空きがあるという話がお酒造りの仲間から舞い込みました。現在のご当主のご両親、ご自身の妻子、一緒に酒造りを行ってきた弟さんの妻子と、一家で長井市に移り住み、蔵を再興することになりました。ほんとうに並大抵のことではなかったと思います。

長井市には、福島から小さい子供さんをつれて避難している方がたくさんいました。不安とやり切れない不満、そして、慣れない土地での暮らしは本当に大変だったことでしょう。でも、長井では、このできごとを自分事としてとらえ、避難している方々に生活と心のサポートを、惜しみなく与える方がたくさんいらっしゃいました。これは長井は「レインボープラン」という循環型農業の取り組みが続いている環境問題を重視した町であったこと、そして、黒獅子の里、長井は、志士の住む町であり、舟運で栄えた町は外からの皆さんを受け入れもてなす力があったことも影響していると私は思います。


長引く避難生活。不安と戸惑いがつづくなか、ひとつのプロジェクトがたちあがりました。避難者と受けいれの長井市民が協働で米作をつくり、長井で蔵を再建した鈴木酒造さんで酒造りをしよう、というものです。酒米には当地に伝わる今では作る人がとても少なくなってしまった「さわのはな」という品種が選ばれました。

長井で以前販売されもうなくなってしまったブランド名「甦る」がお酒の名前として選ばれました。復活させた米で、酒造りを復活させ、自分たちも新しい生き方へ転換する。更に生きるとかいて「甦る」。避難者と市民が協同して作るお酒にこれ以上の名前はない、ふさわしい名前でした。

最初田植えが2012年。その冬にみんなで仕込み、2013年3月11日に初リリース。その後毎年、3月11日に発売されています。

いまでは、福島の方長井の方だけでなく、全国から田植えや稲刈りに集まって来られて、文字通り皆があたらしい生き方に「甦る」酒となっています。

思いやりと心意気の輪は限りなく、をテーマに仕込まれているこのお酒。さすが銘醸、鈴木酒造の仕込みだけあって、きよらかでとてもうまい酒です。

 

今年も、3月11日にリリースされます。特別なお酒なので町のスーパーで手に入るというわけにはいきませんが、販売店のリストも鈴木酒造店さんが掲載してくれていますので、お問合せください。

 

·        原材料:米・米麹

·        原料米:長井産さわのはな100%

·        精米歩合:55%

·        アルコール度数:15度

売り上げの一部は、原発事故による避難児童・生徒の支援活動をしている団体、学校、教育委員会に寄付されています。

 http://www.iw-kotobuki.co.jp/products/yomigaeru_01.html

 

そして、今年2018年の3月11日、あたらしい動きとして、「甦る」 という歌ができあがり、お酒の交流会の場で発表されます。

この甦るプロジェクトをけん引してきた、村田さんの想いを、長井の名物夜のスナックで聞いたシンガーソングライター伊東和哉君が、曲にしました。自身も福島出身で3.11で被災し避難所生活を余儀なくされた彼。福島のことだけでなく、すべての人がふるさとを思う気持ちを曲にしました。
この曲の趣旨に賛同してくれた福島ゆかりのアーティストがさらに曲を仕上げています。
作詞作曲・歌:伊東和哉、サックス・フルート:加藤雄一郎、ギター・サウンドプロデュース:上野哲生、映像制作:坂本博紀 と、福島のアーディストの力が集結しています。さらに、ここに新たな力が加わる予定です。
いつかCD化するときはライナーノーツは福島のあの人に、帯にはあの方のひとことを・・・とか、妄想しています。

甦る は、お酒づくりだけでなく、お菓子屋さんやお肉やさんなど、いろいろなお仕事の方がメンバーとしてかかわっている、ラベルの絵のように人と人とをつなぐ酒です。日本の心がひとつになる。そんなお酒であると思っています。

 

みなさんも 甦る をまんなかにおいて、時間を過ごしてみませんか?

 

山形県長井市は山形新幹線赤湯駅から3〜40分行ったところにある、最上川ぞいの町。
27541082_1576930139049612_5526833908869451091_n
この長井市を中心としたツアーも3日め。最終日は、体験プログラムを組み込みました。
まずは、長井市のお隣、白鷹町へ向かいます。ここでは、紅花染めを体験。ならばされて、機械的に順番にやらされる....というよくありがちな体験ツアーとは大違いです。大きなこたつにあたりながら(寒かったのでとても助かりました。汗ばむくらいの暖かさは本当に嬉しい!)、紅花栽培を継承しようとご尽力されている今野さんが、紅花染めの歴史、くれないという意味、皇室との関わり、などなどたくさんお話を聞かせてくれました。
聞きたいこと、知りたいことがあればどんどん質問してみるといいですよ!
27459976_1576930145716278_7273371903111328044_n27541116_1576930369049589_1706574246212561873_n

その後、染め方を教えてもらったら、それぞれ好きな模様を考えます。その模様を作り出すにはどうしたらいいか?頭をひねります。そして4〜5人のグループで染めます。
それぞれ違う柄だから、人と比べられることも気にしない。自分だけの作品ができあがるのはとてもいいですね。
27545404_1576930275716265_964447925000568606_n


紅花染めのあとは、お楽しみの昼食。白鷹町には有名な蕎麦屋さんが何軒かありますが、そのうちの一つ八寸へ。ここは以前は長井市に在ったので、長井の皆さんとも旧知の中。地物の大きなしいたけ天ぷらと、日本酒をいただきながらの昼食となりました。その時々で最良のそば粉を選んで手打ちするそばはもちろん、ここの蕎麦つゆが絶品なのです。
27858314_1576930705716222_8248013879015765458_n






お腹いっぱいになったら、体を動かしましよう。雪中キャベツっていうものを、皆さんご存知ですか?
キャベツを秋に収穫せずに畑に置いておくと、上から雪がつもります。雪の中でキャベツは凍ってしまわないように自分で甘味を蓄えて行くので、とても甘くなりみずみずしいキャベツが取れるのです。でも、収穫するには2メートルくらい積もった雪をかき分けなくてはいけません。降り積もった雪は、掘り進むのも一苦労。周りも掘らないと、キャベツを取り出せないので、周囲1メートルくらいの雪を堀上げなくてはいけないのです。そうして、収穫したキャベツは格別。 りんご狩り、ブドウ狩りもいいけど、キャベツ狩りもなかなか乙ですよ。

27459342_1576931152382844_1252793306167116632_n27750131_1576933102382649_1713631042717373922_n

27544829_1576931259049500_1036160756191937514_n27545333_1576930785716214_6071642961090826342_n


今回の旅、年齢も出身も仕事も様々な人たちが集まってくれました。移動の車内で、会話したり、食事したりの時間に、皆さんがたくさん交流してくれて、様々な世代の考えや行動を知ってもらえたらいいなと思って企画しました。年や仕事は違っても、自然の力やうまいものの力で、楽しい時間を共に過ごす音ができます。その力が、長井市を中心とした置賜地方にはあります。最近は地方創成が流行り言葉になって、お仕着せのツアーや、箱物作ったのに、人がこない、と嘆いているようなところもあるようです。
大切なのは、人の愛が感じられることだと思います。それが文化交流なのだと思います。


首都圏から、忙しい中を時間を作って集まってくださったみなさま。そのみなさまを、本当に楽しんで帰ってもらおう、とおもてなしをしてくださった受け入れ先のみなさま。本当に愛に溢れた時間でした。全て参加費を払って、一人の参加者として参加した私も、また行きたいと思っています。次は夏に、緑の田んぼが揺れる中を、フラワー長井戦で旅しましょう!
27654408_1576933479049278_8012027674847033361_n

27657417_1576913449051281_8362513125086227444_n
さて、今回の旅のメインイベント、長井市の中央にある中央会館2階大宴会場で、五蔵会の蔵元杜氏さんが自慢の酒を持ち寄り、ともに飲み、語らう大宴会が行われました。
蔵元杜氏さんができたての酒を持ってきてくれることもそうそうないし、また、一緒に酒を酌み交わすなんてほんとうにできない!五蔵会ならではの企画です。五蔵会、についてはこちら。
https://www.facebook.com/okitama.gokurakai/

27541068_1576912952384664_1492390462448783037_n
大宴会は、この日はじめて山形にきた、という某有名ホテルのフランス人シェフの乾杯から始まります。いきなりのご指名をしっかり日本語でこなす、さすがのシェフ。
フランスでスキーを楽しんでいたというシェフ。山形でスキーができるよ!という言葉につられてきたのですが、山形の食と、酒、そして人にすっかり魅了されていた様子です。

トップ画像でわかるように、五つの蔵がそれぞれ2種ずつ、自慢の酒をもってきてくれます。にごりあり。市販されていない酒あり!それはもうお宝がずらり!

今回は地元山形県長井市のみなさん、いわきから鈴木さんのドキュメンタリーを取材している方(鎌倉の会でもお会いしました)、福島や東京の皆さんと、各地から酒を求めて集まっていたので、みなさん混ざった座席配置にしてもらいました。お酒があれば初対面でも関係ないですね。27540285_1576916742384285_6329094926823786444_n27655411_1576916812384278_583258902328897028_n
27544743_1576916775717615_7841385342356384490_n27459743_1576916829050943_3965747701884689091_n


今回、お酒にあわせて地元の料理をたくさん出していただきました。
舟運送で商業の町としても栄えた長井に近江商人が持ち込んだという高菜漬け。
赤身がうまい蔵王牛のステーキ。
地元名産の行者菜を入れたソーセージ。長井といえば、とケンミンショーにも出た味噌もち。
この時期ならではの寒鱈鍋。などなど、地元料理のオンパレードと、地元の酒を合わせることができたのが最高でした。(写真なくてすみません。お持ちのかしてほしいです=)美人女将の裕子さんが一つ一つ丁寧に説明してくれました。
これだけの料理と酒、なので、否応無しに
盛り上がる盛り上がる!

27545333_1576916909050935_839974193637686589_n

初めてフランス人を見た、と喜ぶ、中央会館の若いお嬢さんも、盛り上がる。

27654445_1576917022384257_2819185451898618724_n
車座になって飲み、

27544926_1576916952384264_2425630043590877800_n

この日が初対面だった子供達も盛り上がり。東京で再会する約束をし、

27459838_1576913812384578_803892931590511664_n27655049_1576913905717902_3937926501930941828_n

上垣監督の映画の主題歌「川谷の笑顔〜flower」のお披露目あり。お誕生日のお祝いあり。

27540563_1576917459050880_8433329316197080369_n
長井の華、裕子さんを囲んで。この日も素敵でした!


そして、長井名物、スナックのカラオケへ。ここはラーメンが美味しいスナックでもあります。
27540509_1576917945717498_6570961635504913827_n
27752270_1576918089050817_6356995500296071274_n27544616_1576920049050621_8043009849015328168_n

27654498_1576919945717298_1285257988572084080_n新たな友情も芽生え

27655268_1576919952383964_914898364947284651_n

東北人同士の熱い思いを確認しあいながら、

27459495_1576919955717297_8592584791740310589_n

初対面の女子同士も盛り上がるのでした。
この日の会がきっかけで、鈴木酒造 長井蔵で復興・転換のシンボルとして作られた日本酒「甦る」の歌を作ることが決定。福島ゆかりのミュージシャンが終結して制作され、3.11にここ長井で
お披露目されることが決まりました。

そしていよいよ、最終日に続きます。











長井滞在2日目の朝。宿泊先のはぎの湯 はぎ苑の朝食からスタート。ここの朝食のご飯は、地元長井産のこしひかりとつや姫が選べます。
27540669_1576903972385562_4574457879877207642_n

長井市は雪がちらほら舞っていましたが、山形新幹線赤湯駅にちかづくにつれて青い空がみえてきました。青空に舞う雪がきれいです。赤湯駅に、東京方面から日帰り参加の皆様をお迎えに行きます。忙しい飲食店勤務の皆様にも生産現場をみて、生産者と交流してもらいたい!という気持ちで企画したこの旅。朝8時代に東京駅から出発してもらえれば、日帰りでも宴会までフルに参加していただけるというスケジュールになっています。

皆の到着を待つ間、雪で遊ぶ人たちもいたりしながら。大雪の山形をみんな楽しんでいます。
27972571_1584509244958368_5862478572683258136_n


五蔵会会長の運転するマイクロバスで移動なので、寒いなかを歩くこともないので、かえって東京の降雪より暖かく安心です。

バスでまずむかったのは、長沼酒造さん。歴史ある酒蔵です。大きな杉玉がお出迎えです。こちらでも仕込みシーズン真っ最中で、そこかしこにいい匂いが漂います。
27752626_1580417298700896_473032528194055754_n
お酒をしぼるのは、こちらは船形。ずっとこれで長沼酒造さんの味をまもりつづけているので変えるつもりはないとのこと。窓の外は雪、雪雪!今年は酒造りのほかに雪下ろしという仕事も増えてしまって大変だそうです。今度は雪下ろしツアーでもしますか!
27459109_1576905089052117_5976180971684751119_n


仕込みの様子を丁寧に撮影した写真などもみせてもらいながら、伝統の重みを感じさせてくれます。こちらでは、そうむら(惣邑)という純米吟醸のブランドが有名です。こちらの限定酒、羽州誉精米歩合50%というのを試飲させてもらいました。米のうまみがこっくりしていてうまい!蔵で飲む酒は格別です。早速蔵出しをお買い上げ!この地域でしか手に入らない直江杉というすっきりうまい酒もおすすめです。東京の飲食店の皆さん、神奈川のホテルの方も興味津々で試飲です。
なんの料理が合うかなど、いろんなお話が出ていました。過去の長井旅のご縁で、もうすでに愛飲している方も多くて、蔵元杜氏さんと大盛り上がり。
27459981_1576904272385532_7564194462113459591_n
27460035_1576904372385522_7490846891272319044_n
27654775_1576904405718852_1582064748050226455_n27655381_1576904469052179_5390462811237867136_n


27656971_1576904872385472_8648020114711737397_n



次にむかったのは、自分の畑、知り合いの畑の材料のみをつかって食事を提供してくれる「なごみ庵」。郷土料理の数々がならびます。米もみそも自家製。ダイスのお汁やこんにゃくの天ぷらなど、はじめて食べるものがたくさん。でもなぜかなつかしい。。。しんなびたきゅうりのつけもの、菊芋もみぞづけも最高。新宿の名店の板さんがうなっていました。そして、ご当主ちえさんとのおしゃべりも最高。びっくりしたのはちえさんのお肌がつるつるなこと。いいもの食べてるとこうなるのね、というお手本でした。なごみ庵は普段はお酒がないのでご注意を。

27654479_1580417312034228_3090622561693454777_n
27657467_1576905252385434_6415077867650502501_n27459678_1576906662385293_8457048004535153121_n

おなかも一杯になったところで、雪道をまた移動(会長&バスくんが頑張ってくれます)。鈴木酒造さんへ。鈴木酒造さんは磐城壽で有名な酒蔵です。2011年東日本震災で福島県浪江町にあった酒蔵や仕込んだばかりの酒、家財一切を失う。酒造りの仲間の支援があって、事業をたたもうとしていた長井の酒蔵に出会い、ひきつぐ形で再スタート。震災から7年たった今は、設備をすこしづついれかえて、以前のような酒造りを目指してがんばっておられます。震災後から何度かお邪魔していたのですが、温度管理ができる設備もととのい、やりたいことがすこしづつ形になっている印象を受けました。ほんとうに大変な中の再スタートだったと思いますが、鈴木さんのがんばりが、避難者の心の支えであり、また、山形の地で酒造りを行っている仲間にもいい影響を与え合っているのではないかと感じます。現在では、お米の半量が福島県産のものにすることができるようになってきたとのこと(もちろんすべて安全性を確認済)。この話を聞いて福島の人間として涙がこぼれてきました。
発売前のみりんも試飲させてもらいました。1月中旬から発売開始だそうです。
このときは試飲はありませんでしたが、3月11日に、「甦る」という酒が発売になる予定です。
甦るは、福島のみんなを受け入れてくれた長井の地元の協力があって、田植えからはじまって酒になったという、みんなの想いがつまった酒です。3月11日には長井でお披露目パーティがあります。参加者募集中です。

27654810_1580417265367566_3684723711055477640_n

27857933_1576907529051873_3684703050749031658_n27540285_1576907332385226_6298503509969469087_n

27459555_1576907669051859_357232159622472526_n27540739_1576908932385066_5935647635248168084_n

タンクごとの違いを確認させていただいたり。お嬢ちゃんも真剣です。将来は重要顧客になることまちがいなしですね。

27544697_1576912279051398_4455255686873399542_n


その後、Sさんのたっての願いで、えんむすび神社、総宮神社へ。立派な杉の木は、「直江杉」です。雪に埋もれるように立つ御宮は荘厳!皆さん真剣におまいりしていました。
27857904_1576912905718002_8354558272041541117_n27545492_1576912682384691_3829573643823669570_n



27972593_1584509234958369_648839395142764886_n

お約束の雪ダイブも!ご利益がさらにありそうですね。おみぐじもひいて和んだあと
道の駅でお買い物&最上川をみたあとは、いよいよ、五蔵の蔵元杜氏さんが終結する五蔵会宴会へ
続きます。。。。

このページのトップヘ